自宅だけでなく、外出先にも持ち運び使えるポケットwifiが人気です。
具体的に、値段はどのくらいかかるのでしょうか?
値段別に比較し、持ち運びできるwifi端末を見ていきます。
お得なポケットwifiを選び、快適なネットライフを送りましょう。

月額料金1,980円のポケットwifiとは?

1980円

 

持ち運びに便利なポケットwifiですが、月々1,980円というかなり安い値段で「Yahoo!wifi」が提供しています。

 

Yahoo!wifiは契約が3年間になっており、最初の12ヵ月のみ、キャンペーン価格として、月額料金が1,980円になります。
※13ヵ月目以降は、月額料金が2,480円です。
例え、1年経ったとしても、月額2,480円でポケットwifiが持てるのは大きな魅力です。

 

ただし、デメリットとして、

  • 端末が古い型式であること
  • 月々のデータ量が5GBまでしかないこと

が挙げられます。

 

型式が古いというのは、通信速度が最新端末と比べて遅いという程度で済みますが、月々のデータ容量が5GBしかないというのは、かなり厳しいです。
ネットの閲覧、メールの確認程度の使用なら5GBでも足りますが、動画も見たいという方には、容量が不足する可能性が高いので、おすすめはできません。

 

効率的な使い方としては、自宅にメインとなるネット回線(固定の光回線)などが既にあり、サブ的な役割で持ち運びして使えるwifiとして利用すると良いでしょう。
料金が安いのは良いのですが、とにかくギガ数が5GBしかないという点で、おすすめしかねるポケットwifiです。


月々2,000円台から使えるWi-Fiはドコ?

2000円

 

月々2,000円台という値段で使えるwifiも登場しています。
Y!mobileとWiMAXです。
どちらもポケットwifiの世界では有名な会社です。

 

まずY!mobileを見ていきましょう。
月々5GBまでのライトプランとして、月額2,480円でポケットwifiに契約できます。
持ち運びに便利なwifiがお得な値段で扱えるのは魅力です。

 

こちらは月5GBのプランになるので、動画を観たり、音楽を頻繁にダウンロードしたりする方には向きません
あくまで外出時のネットの閲覧、メールの確認などの作業用にしましょう。

 

次はWiMAXです。
WiMAXは代理店販売(プロバイダ契約)をしているので、選ぶプロバイダによってはお得な値段で、持ち運びに便利なwifiを契約できます。

 

おすすめのWiMAXプロバイダを紹介しましょう。
業界最安級で人気の「Broad WiMAX」というプロバイダです。
こちらで契約すると、通常、月額3,696円の通常プラン(月7GB)が月額2,726円で契約できます
キャッシュバックといった特典がない代わりに、月額料金が割引され、安くなっているのです。

 

回線提供元であるUQ WiMAXなどほかのプロバイダと比べて、月額が約1,000円お得になるのがポイントです。
値段でWiMAXを決めたいのなら「Broad WiMAX」が良いでしょう。

 

業界最安級Broad WiMAXの公式HPで料金を見てみる


月々3,000円台で使えるポケットwifiとは?

3000円

 

月々3,000円台となると、データ量の無制限プラン(使い放題)を選べます
先ほど紹介した「Broad WiMAX」では、WiMAXのギガ放題プラン(データ量の無制限プラン)が通常価格で月額4,380円のところ、3,411円で使えます
3,000円台でデータ量を気にせずインターネットができるので、値段でWiMAXを選びたい場合は、ぜひ、参考にしてみてください。

 

スマモバというポケットwifiも月々3,980円で無制限プランが契約できます。
docomoの通信回線を使うので、対応エリアが広く、日本中どこでも使えるのが魅力です。
但し、スマモバの場合、無制限でも通信品質があまりよくありません。
また、3日間で3GBを超えると速度が200Kbpsに制限されます
200Kbpsでは、WEBサイトを開くのにも数分かかるほどの遅さですから、まず普通には使えません。

 

制限がかからなくても、比較的通信速度が遅いので、動画を観たり、音楽をダウンロードする場合にはストレスを感じる可能性があります。
やはり通信品質がよくないと使い勝手が悪いので、WiMAXのほうが断然おすすめです。

 

業界最安級Broad WiMAXの公式HPで料金を見てみる


4,000円以上のwifiとはどんな端末か?

4000円

 

Y!mobileの無制限プランである「アドバンスオプション」は月々4,380円です。
独自の高速通信回線「AXGP回線」を使用したインターネット回線になります。
但し、無制限での使用対応エリアが都心部や中核市中心になっており、地方ではまだまだ弱いです。

 

また、WiMAXのギガ放題を回線提供元であるUQ WiMAXで契約した場合、月額が4,380円になっています。
(Broad WiMAXで契約すれば、月額3,411円です)
月々4,000円台になると、少し高い印象がありますが、スマートフォンや携帯、タブレットのパケットパック(パケット通信)で月間20GB使用できるものに契約すると、平均で6,000円前後かかってくるので、月々4,000円台で、無制限になるサービスはかなり良心的であると言えます。

 

固定の光回線は月々の使用量が6,000〜7,000円前後で、さらに新たに回線を引こうとすると高次のための費用も必要になるので、自宅でのネット回線をお得に使いたい場合、工事の必要なく使えるポケットwifiを選ぶのも1つの手です。

 

中には月々6,000円を超えるポケットwifiもあります。
それは、docomoのwifiです。
docomoは料金が二段設定になっており、使えるデータ量が少ないわりに、利用料金が高額になります。
例えば、月5GBまでのプランで、月額6,000円を超えてしまうので、正直おすすめはできません。
ただし、docomoの回線ですので、日本中のほぼすべてで利用が可能となります。
離島での利用や、国内の出張で飛び回る方にはおすすめできるポケットwifiと言えます。

 

以上の状況から、お得な値段で持ち運びのwifiを選ぶなら、WiMAXを選ばれた方が良いです。


SIMフリー端末は安いのか?

sim

 

ポケットwifiにはSIMフリーの端末がいくつか登場しています。
自分で格安のSIMカードを入れて利用すれば、オリジナルのポケットwifiが作れます。
但し、SIMフリー端末を利用する場合、実はそれほど安くなりません

 

WiMAX、Y!mobile、docomoなどのポケットwifiは、長期の契約(たいてい2年〜3年契約)をする代わりに、端末自体が0円かそれに近い金額になっています。
しかし、自分でSIMフリー端末を使う場合、SIMフリー端末を自費で購入する必要があります
中古で10,000円前後、新品で最大20,000円前後の値段になります。

 

ここに格安SIMを入れて使うのですが、格安SIMを「格安」で使うためには、データ量を抑える必要があります。
月々3GBのプランであれば、月額900円程度で契約できますが、容量を多くして、20GBの契約をするとなると、平均して月額6,000円前後かかります
つまり、データ量を増やすと格安ではなくなってしまうのです。

 

格安SIMを使って、格安でポケットwifiを使うには、少ないデータ量で我慢する必要があります。
これを考えると、ギガ放題などの無制限プランがあるWiMAXなどで契約した方が、結果的にはお得になります。

 

自分が月々に使うデータ量に応じて、値段は変わってきますが、値段を抑えたい場合でも無制限で使う場合でも、総合的に見て「WiMAX」がおすすめです。

 

業界最安級Broad WiMAXの公式HPで料金を見てみる